タイラバのキャスティング(キャスラバ)仕掛けと釣り方

タイラバ(鯛ラバ)のキャスティング仕掛けと釣り方

タイラバ(鯛ラバ)のキャスティング仕掛けと釣り方についてご説明しています。

 

タイラバの基本的な釣り方は、竿下に仕掛けを投入してのただ巻きです。

 

そのため、仕掛けをキャストすることはありません。

 

 

しかし、キャストして釣る方法もあります。

 

この方法は、潮先の人にしか釣れない場合に有効です。

 

特に、潮の流れが緩い時はおすすめです。

 

竿下だけに仕掛けを投入していたのでは、状況は変わりません。

 

このような時は、仕掛けをキャストして、広範囲を攻めます。

 

そうすることで、縦だけではなく、横にも探れます。

 

これにより、真鯛と遭遇する確率が上がります。

 

 

注意点がいくつかあります。

 

  • 水深が深い時
  • 潮が速い時
  • 人数が多い時

 

こういった時は、お祭りする可能性が高いので、使用できないことがあります。

 

それに、釣り船によっては、はじめからNGの場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

 

また、夏に浅場(水深10〜30m)を攻める場合にも有効です。

 

浅場での釣りは、真鯛が船のエンジン音や陰に警戒してしまうことがあります。

 

それに、浅いと縦に誘える距離が短いので、真鯛に食わせるのが難しいです。

 

 

浅場にいる真鯛はエサを求めてやって来ているので、活性が高いことが多いです。

 

活性が高いマダイに、斜めに引いてきたタイラバを食わせるのです。

 

活性が高いので合わせてもよいです。

 

 

タイラバのキャスティング仕掛け

タイラバのキャスティング仕掛けについてです。

 

ロッドはキャストするので、スピニングタイプのキャスティング対応のものを使います。

 

 

 

 

 

2500〜3000番のスピニングリールをセットします。

 

 

 

 

 

 

ラインとリーダーは、普通のタイラバと同じでよいです。

 

タイラバは、どのようなタイプのものでも構いません。

 

重さは、20〜60gをメインに使います。

 

次のようなキャスティング対応のものもあります。

 

 

 

タイラバのキャスティング仕掛けでの釣り方

タイラバのキャスティング仕掛けでの釣り方は、次のとおりです。

 

基本的には、仕掛けを潮下の方へキャストします。

 

必ず周りの状況を確認してからキャストします。

 

 

底まで沈んだら、すぐに巻き始めます。

 

すぐに巻き上げないと、真鯛に見切られてしまいます。

 

基本的には、ゆっくり巻きます。

 

この時も、船長から指示があった棚までただ巻きし、その後底まで沈めます。

 

 

沈める時は、カーブフォール、あるいはフリーフォールです。

 

カーブフォールとは、弧を描いて沈ませることです。

 

ラインを張った状態で沈めればOKです。

 

フリーフォールは、ラインを張らずに真下に沈めることです。

 

 

竿下に来るまで、これを繰り返します。

 

仕掛けが竿下まで来れば、仕掛けを回収し、再びキャストします。

 

 

タイラバ 釣り方

 

こうすることで、かなり広範囲を探れますので、真鯛が食ってくれる確率は上がります。

 

1匹釣れれば、再び同じポイントにキャストして、連続ヒットを狙います。

 

 

特に、浅場を狙う際には巻き上げる量を棚ではなく、巻き上げる回転数で判断することもあります。

 

回転数は、水深によって変わります。

 

水深が

 

  • 30mなら15回転
  • 10mなら10回転

 

ほどを目安に巻き上げるとよいです。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「掛けタイラバ(掛け合わせスタイル)の仕掛けと釣り方

ホーム