ショアテンヤ真鯛の仕掛け

ショアテンヤ真鯛の仕掛け

ショアテンヤ真鯛の仕掛けについてご紹介しています。

 

最近、おかっぱりからの真鯛釣りが人気です。

 

しかも、船釣りでないと釣れなかった大型真鯛を釣り上げることが可能となりました。

 

おかっぱりからでも大型の真鯛が釣れるのですから、やりたくなるのもわかります。

 

 

さて、ショアテンヤとは、どういった釣り方なのでしょうか?

 

ショアテンヤとは、おかっぱりから行う一つテンヤ釣りのことです。

 

 

仕掛けは次のとおりです。

 

ショアテンヤ真鯛 仕掛け

 

 

ロッド

現時点で専用ロッドはないと思いますので、他のロッドを代用します。

 

おすすめは、4号のエギをキャストできるエギングロッドです。

 

長さは、8〜9フィートぐらいがよいです。

 

ミディアムぐらいの硬さのロックフィッシュ専用ロッドでもOKです。

 

適合ルアーウェイトのMAXが30gぐらいまでのものを選びます。

 

ただし、使用するテンヤの重さによって変わります。

 

今後専用ロッドが登場すれば、そちらを検討するとよいです。

 

 

リール

リールは、スピニングリールを使います。

 

サイズは、2500〜3000番を選びます。

 

ドラグの調整がきちんとできるものがよいです。

 

そうしないと、細いラインではあっという間に切られてしまいます。

 

 

ライン

ラインは、PEの0.6〜1号を使います。

 

おすすめは、0.8号です。

 

 

リーダー

リーダーには、フロロカーボンの2〜3号を使用します。

 

長さは、1.5mほどセットしておきます。

 

 

テンヤ

テンヤは、3〜10号を使います。

 

最近では、いろいろなテンヤが販売されています。

 

 

キーパーが付いているので、キャストしてもエサが外れにくいです。

 

 

 

他には、次のようなテンヤがあります。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ショアテンヤ真鯛の釣り方

ホーム