真鯛釣りの胴突きの釣り方

真鯛釣りの胴突きの釣り方

真鯛の胴突きの釣り方についてご説明します。

 

 

エサを付ける

はじめに全部の針にエサを付けます。

 

カゴに撒き餌を詰めておきます。

 

真鯛釣りには、オキアミを使うことが多いです。

 

釣りに行く場所によって異なる場合があります。

 

 

仕掛けを投入する

オモリからゆっくり沈めていきます。

 

勢いよく沈めると、針が手に刺さってしまうことがあります。

 

仕掛けをすべて海中に投入しても、あまりMAXで沈めない方がよいです。

 

スプールを軽く指で押えるか、リールで沈む速さを調節するかのどちらかをします。

 

船長から指示された棚で止めます。

 

基本的には底です。

 

 

撒き餌をまく

糸がピンと張った状態で、竿を大きくシャクリます。

 

これにより、撒き餌がカゴから出ます。

 

その後、しばらく当たりを待ちます。

 

当たりがなければ、もう1度竿をシャクリます。

 

残りの撒き餌を出すとともに、誘いをかけて真鯛にアピールします。

 

当たりがなければ、仕掛けを回収します。

 

 

再度仕掛けを投入する

回収したエサを確認し、エサが全部取られていたら、先ほどより1mほど上げます。

 

小魚がエサを食べた可能性が高いので、仕掛けを上げて小魚にエサを食われないようにします。

 

基本的には、エサが残るようになるまで上げていきます。

 

 

当たりがあれば

真鯛が掛かれば、竿が曲がるなどの変化が見られます。

 

その際は竿を立てて、少し強めに合わせます。

 

後は無理をせずに、一定の速さで巻き上げてきます。

 

良型なら、網ですくいます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「真鯛釣りの天秤フカセ仕掛け

ホーム