真鯛釣りの堤防からのルアー仕掛け【ショア真鯛】

真鯛釣りの堤防からのルアー仕掛け【ショア真鯛】

真鯛釣りの堤防からのルアー仕掛け(ジグヘッド・メタルジグ)についてご紹介しています。

 

堤防からジグヘッドやメタルジグで、真鯛を釣ることができます。

 

おかっぱりから、大きな真鯛を釣ることが可能で、非常に夢があります。

 

 

では、どのような仕掛けで真鯛を釣るのでしょうか?

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

真鯛釣り 堤防 ルアー

 

図はジグヘッド仕掛けですが、メタルジグ仕掛けも同じです。

 

ロッド

おすすめは、アジングロッドまたはメバリングロッドです。

 

アジングロッドやメバリングロッドでは、真鯛の引きに耐えられないのではと思ってしまいますが、意外と大丈夫です。

 

50cmクラスでも寄せることは十分できます。

 

無理は禁物ですが。

 

引き抜くのは難しいので、網を必ず持っていくようにします。

 

実は、アジやメバルが食ってくることもあります。

 

その際、こういったロッドを使っておくとどちらにも対応できます。

 

もし心配なら、次のようなロッドを使うとよいです。

 

  • ライトルアーロッド
  • エギングロッド
  • シーバスロッド

など

 

どのロッドを選ぶかは、使用するルアーの重さで判断します。

 

ルアーについては下を参照!

 

長さは、7〜8フィートが使いやすいです。

 

 

 

 

 

 

リール

キャストに適した、スピニングリールがおすすめです。

 

2500〜3000番ぐらいがよいです。

 

細いラインを使うので、ドラグ性能の優れたリールが必須です。

 

 

 

 

ライン

ラインは、PEの0.4〜0.6号を使います。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5〜3号をセットします。

 

 

ルアー

ジグヘッドは、2〜5gを状況に応じて使い分けます。

 

ワームは、2インチ前後を使います。

 

メタルジグやプラグ、スプーンは、3〜10gを状況に応じて使い分けます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「真鯛釣りの堤防からのルアーでの釣り方

ホーム