電動タイラバの釣り方は?

電動タイラバの釣り方は?

電動タイラバの釣り方と、おすすめのロッド・電動リールについてご紹介しています。

 

九州や中国地方では、すでに電動タイラバがメジャーになりつつあります。

 

一部では否定的な意見もあるようですが。

 

それでも、今後さらに普及する可能性が高いと思います。

 

 

電動タイラバとは文字とおり、電動リールを使ってのタイラバのことです。

 

では、実際どのように釣るのでしょうか?

 

まずは、タイラバを底まで沈めます。

 

底に着いたら、電動リールのスイッチをONして、巻き上げ開始です。

 

巻き上げスピードの目安は、シーボーグ200J-DHなら、「12」で巻き上げます。

 

状況に応じて、速度を調節します。

 

 

電動リールは、着底してから巻き始めるまでに若干のタイムラグが生じてしまいます。

 

この時に根がかりしてしまう恐れがあります。

 

根がかりしないように、着底したらすぐに手動でハンドル1回転分巻き上げるとよいです。

 

その際、ロッドは下向きにしておきます。

 

下向きにしておかないと、せっかく手動で巻いても、ロッドが曲がるだけでタイラバ自体は動かないためです。

 

この点だけ注意すれば、大丈夫です。

 

 

底から10mほど巻き上げても当たりがなければ、また底に沈めます。

 

そして、また巻き上げます。

 

あとは、これの繰り返しになります。

 

ちなみに、底から巻き上げる距離は、船長の指示に従えばよいです。

 

電動タイラバ 釣り方

 

 

当たりがあっても、合わせずにそのまま同じ速さで巻き上げ続けます。

 

ロッドが大きく曲がるなど、真鯛がグイグイ引き込んだ場合は合わせます。

 

針がかりすれば、無理をせず、巻き上げればよいです。

 

 

タイラバは、簡単にできる釣りと言われていますが、電動リールを使えばさらに簡単にできます。

 

初心者や女性でも、気軽に釣りを楽しめます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「電動タイラバのロッド・電動リールでおすすめは?

ホーム