タイラバ(鯛ラバ)のネクタイ・スカートの選び方

タイラバ(鯛ラバ)のネクタイ・スカートの選び方

タイラバ(鯛ラバ)は、ネクタイとスカートの選び方についてご説明しています。

 

タイラバ

 

 

タイラバ(鯛ラバ)のネクタイ

カラーは、たくさんの種類があります。

 

どれにしようかと迷ってしまいます。

 

おすすめのカラーは、“レッド系”“オレンジ系”“グロー系”の3種類です。

 

 

状況に応じて、カラーを選ぶとなおよいです。

 

基本的には、ベイトの種類や海水の状態によって、使い分けるとよいです。

 

<ベイトの種類>

  • エビ・カニ・・・レッド系
  • イワシ・・・オレンジ系・イエロー系
  • イカ・タコ・・・グロー系・ケイムラ系
  • ナマコ・虫・・・グリーン系

 

<海水の状態>

  • 濁っている時・・・レッド系
  • 澄んでいる時・・・オレンジ系・グロー系

 

あくまで目安ですが。

 

 

釣れない時は、いろいろと交換してみることが大切です。

 

セオリーとは異なることも多いです。

 

日によっては、食うカラーと食わないカラーがあります。

 

周りで釣っている人のカラーを参考にするのもよいです。

 

ヒットカラーを早く見つけることができれば、大幅な釣果アップが狙えます。

 

 

ネクタイはカラーだけではなく、形状が異なるものがあります。

 

ストレートタイプのものとカーリータイプのもの。

 

釣れない時は、いろいろと工夫してみます。

 

 

材質は、シリコン製とゴム製の2種類があります。

 

シリコン製は、やや張りがあって耐久性に優れています。

 

カラーバリエーションが豊富です。

 

ゴム製は柔らかく程よく伸びますが、保管が悪いと固まって使えなくなってしまうことがあります。

 

シリコン製の方をおすすめします。

 

 

最近は、ネクタイの代わりにワームを付けるのが人気です。

 

好みでやってみても、面白いと思います。

 

 

タイラバ(鯛ラバ)のスカート

スカートも、ネクタイとほぼ同じです。

 

カラーは好みでよいし、材質はゴム製ではなく、シリコン製がおすすめです。

 

ネクタイとは異なるカラーにして、真鯛へのアピール度を高めます。

 

 

ネクタイとスカートはかなり重要ですので、しっかりと選んでください。

 

ただ、スカートはなくても釣れるという声があり、それほど重要ではないとの見方もあります。

 

確かに、スカートはなくても釣れることはあります。

 

しかし、スカートのカラーによって、釣果に差が出ることもあります。

 

そのため、スカートが不要とまでは言い切れません。

 

 

“ダブルネクタイ”が最近の流行り!

 

“ダブルネクタイ”とは、カラーが異なる2本のネクタイを使うことです。

 

その代わり、スカートは付けません。

 

もちろん、スカートを付けてのダブルネクタイもありです。

 

 

“ダブルネクタイ”にすると、どのような効果があるのでしょうか?

 

1つは、シルエットを細く見せることができることです。

 

もう1つは、カラー違いの2つのネクタイが組み合わさっているので、視覚的によりアピールすることができることです。

 

 

ジャッカルは、「鉛式ビンビン玉スライドWアピール」という商品を販売しています。

 

効果について、“2枚重ねのネクタイが激しい明滅やフラッシング効果を生む”と謳っています。

 

「鉛式ビンビン玉スライドWアピール」についてはこちらを参照!

 

 

もちろん、自分で2つのネクタイを組み合わせて作っても構いません。

 

オリジナルのタイラバで、釣果アップを狙うのも楽しいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タイラバ(鯛ラバ)の人気・おすすめは?

ホーム