一つテンヤの釣り方とテクニック

一つテンヤの釣り方とテクニック

一つテンヤの釣り方とテクニックについてご説明しています。

 

 

仕掛けを投入する

仕掛けを投入し、底まで沈めます。

 

仕掛けがまっすぐ落ちていくように、サミングしながら沈めた方がよいです。

 

サミングとは、スプールを指で押えて、ラインが出て行くのを止めることです。

 

こうすることで、潮の流れによる糸ふけを取り、まっすぐ沈めることができます。

 

 

初心者は始めは少し重めのテンヤで行い、慣れれば徐々に軽くしていくとよいです。

 

この方が底取りがわかりやすいです。

 

 

真鯛はフォール中や底に着いてすぐに食ってくることが多いです。

 

ラインを張った状態で沈めないと、当たりを取ることができません。

 

特に、底から15mぐらいは、ラインを張った状態にするように意識します。

 

ヒラメ釣り 落とし込み

 

 

リフト&フォールで誘う

仕掛けが底に着いたら、リフト&フォールで誘いをかけます。

 

ロッドを大きく振り上げ、テンヤを持ち上げます。

 

そして、ラインを張った状態でゆっくり沈めていきます。

 

この時も、フォール時やステイ時(止まった状態)に食ってくることが多いです。

 

おかしいと感じたら、すぐに合わせます。

 

もし不発に終わっても、エサが残っていればまた食ってくる可能性があります。

 

諦めずに、そのままフォールします。

 

 

食いが悪い時や潮が流れていない時は、シャクリを併用するとよいです。

 

巻き上げる速さや距離にも変化をつけます。

 

ステイの時間を長くするなどの工夫も大切です。

 

 

この釣り方でもっとも重要なのは、きっちりと底を取るということです。

 

きっちりと底を取れていないと、真鯛がいない棚で誘いをかけることになり兼ねません。

 

スポンサーリンク

 

 

仕掛けを入れ替える

上の誘いを3〜5回ほど行うと、仕掛けを入れ替えます。

 

入れ替えとは、1度仕掛けを回収して、再び仕掛けを投入することです。

 

着底後時間が経つと、仕掛けが潮に流され、ラインが斜めに海中に入るようになってきます。

 

これでは、テンヤが底から浮き上がってしまい、真鯛は食ってくれません。

 

そのため、適度に仕掛けを入れ替えなければならないのです。

 

 

入れ替えると、他によいこともあります。

 

再度フォールで食わせることが可能になりますし、新たなポイントに仕掛けを入れられます。

 

真鯛が食う確率が上がります。

 

 

当たりがない場合、軽くキャストするとよいです。

 

キャストすることで、竿下に沈めるのとは異なったポイントを探れるようになります。

 

 

この時の釣り方は、次のとおりです。

 

キャスト後、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底後糸ふけを取り、巻き上げます(リフト)。

 

その後、テンションフォールさせます。

 

この時のタイラバの動きは、カーブフォールです。

 

つまり、タイラバは弧を描いてこちらに寄ってきて、再び底に着きます。

 

着底したら、再びリフト&テンションフォールを繰り返します。

 

 

合わせて巻き上げる

違和感があったら、合わせてみます。

 

合わせは合わせでも、即合わせです。

 

当たりには、いろいろあります。

 

  • 竿先が動く
  • フォール中にラインが出て行かない
  • フォール中にラインが勢いよく出て行く
  • 竿を持つ手に、ゴンという感触がある

 

 

わかりやすいものからわかりにくいものまで、本当にさまざまです。

 

そのため、当たりかなと思ったら、合わせてみることが大切です。

 

合わせが不十分だと、バラシの原因となってしまいます。

 

 

巻き上げ時は、ポンピングは行わず、一定の速度で巻き上げますが、無理は禁物です。

 

ラインが細いだけに、慎重に巻き上げます。

 

ドラグの調整は、事前に行っておいてください。

 

最後は網ですくいましょう。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ハイブリッド一つテンヤの仕掛けと釣り方!一つテンヤでワームを使う

ホーム