船釣りのノマセ仕掛け

船釣りのノマセ仕掛け

船釣りのノマセ仕掛けについてご紹介しています。

 

ノマセと落とし込みは、ほとんど同じような釣りです。

 

ただ、異なる点はあります。

 

異なるのはエサです。

 

ノマセ釣りは、生きたイワシなどを自らの手で針に掛けます。

 

一方の落とし込みは、エサとなる小魚さえも釣り、針に掛かった小魚をそのまま底へ落とし込んで大物を釣るという釣りです。

 

そのため、仕掛けもまったく異なります。

 

落とし込みについてはこちら!

 

 

ノマセ仕掛けは次のとおりです。

 

真鯛釣り ノマセ

 

 

竿

竿は、オモリ負荷50号胴調子または6:4調子の船竿がおすすめです。

 

長さは、2〜3mが使いやすいです。

 

 

リール・ライン

リールは、きっちりと棚が取れる電動リールがおすすめです。

 

それに深いところでの釣りが多いので、電動リールの方が楽です。

 

ラインは、PEでもフロロカーボンでも構いません。

 

PE:4〜5号

 

フロロカーボン:6〜7号

 

 

 

 

ハリス・針

ハリスは6〜7号、針は伊勢尼10〜12号を使います。

 

市販のヒラメ仕掛けやウタセマダイ仕掛けなどを使うとよいです。

 

 

オモリ

オモリは、60〜80号を使います。

 

潮の流れなどによって変わります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「船でのノマセ釣りの釣り方

ホーム