スロージギングリールのおすすめ【真鯛釣り】

スロージギングリールのおすすめ【真鯛釣り】

真鯛釣りのスロージギングリールの選び方

真鯛釣りのスロージギングリールの選び方についてご紹介しています。

 

リールは、ベイトリールがおすすめです。

 

ベイトリールは底を取りやすく、パワーがあります。

 

当たりがあれば、素早く巻き上げに入れるなど、操作性がよいです。

 

 

ハイギアタイプとパワーギアタイプのリールがありますが、どちらのタイプのリールがよいのでしょうか?

 

スロージギングは、それほど速く巻き上げて誘うわけではありませんが、速巻き重視のハイギアタイプの方が使いやすいです。

 

青物を狙う際は、スロージギングとは言っても、早く巻かないと釣れません。

 

狙う魚や状況によって、速く巻かないといけない状況もあります。

 

 

ドラグの性能についても考慮しておかなければなりません。

 

細いラインで大物を釣り上げることがあるためです。

 

ドラグの性能がイマイチでは、なかなか大物を釣り上げるのは難しいです。

 

 

リールのサイズは、巻くラインの号数と量で決めます。

 

スロージギングでは、PEの1.5〜2号を使います。

 

高切れすることもあるので、200〜300mは巻いておきたいです。

 

 

ラインは、一定の長さごとに色を変えてあるものを選びます。

 

そうすれば、何mで当たりがあったのか把握できるためです。

 

カウンター付のリールでは色なしでもよいです。

 

 

電動リールを使っても構いません。

 

ダイワなら、150〜200番ぐらいが使いやすいです。

 

 

真鯛釣りのスロージギングリールのおすすめ

真鯛釣りのスロージギングリールのおすすめ・人気についてご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「スロージギングのジグのおすすめ!フックは?【真鯛釣り】

ホーム