エビラバの釣り方及びエサとその付け方

エビラバの釣り方及びエサとその付け方

エビラバの釣り方及びエサとその付け方についてご紹介しています。

 

エビラバの釣り方についてです。

 

仕掛けはタイラバと同じです。

 

詳しくは「エビラバの仕掛け!エビラバとは?」を参照!

 

 

では、釣り方はどうなのでしょうか?

 

エサを付けることで、釣り方が何か変わるのかと言えば、まったく変わりません。

 

基本的には、底まで沈めてから、ただ巻きをします。

 

ある程度の棚まで巻き上げれば、再度底に沈めます。

 

着底後、再度ただ巻きをします。

 

後は、これを繰り返すだけです。

 

もちろん、タイラバ同様、巻く速度を変えたり、沈める速度を変えて、真鯛が食ってくるパターンを見つけないといけません。

 

詳しくは「タイラバ(鯛ラバ)の釣り方」を参照!

 

 

エサは、エビを使います。

 

エビは、赤エビオキアミなどが使われます。

 

エサの付け方について、次のとおりです。

 

エビラバ エサの付け方

 

付け方はシンプルです。

 

尻尾を切り取ってから、尻尾の方から腹にかけて針を指します。

 

尻尾から針を刺すのは、真鯛はエビの頭から食べるためです。

 

 

できるだけエビが曲がらず、まっすぐになるようにします。

 

曲がっていると、仕掛けが回転してしまいます。

 

回転すると、食いが悪くなるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「一つテンヤ仕掛け

ホーム