マイクロジギングでの真鯛の釣り方

マイクロジギングでの真鯛の釣り方

マイクロジギングでの真鯛の釣り方についてご紹介しています。

 

ジギングと言えば、メタルジグを底まで沈めて、ガンガン巻き上げてくるというイメージが強いと思います。

 

しかし、マイクロジギングはそのような激しく誘うような釣り方はしません。

 

スロージギングのようにシャクり上げることもしません。

 

 

基本的な誘いは、ただ巻きです。

 

文字通り、ただ巻くだけで釣れるのです。

 

タイラバと同じような釣り方です。

 

ただ巻きでよいのですが、思っている以上に速く巻いてきます。

 

目安は、タイラバより若干速めで巻くとよいです。

 

もちろん、日によってはゆっくり巻く方がよいこともありますが。

 

真鯛は底付近にいますので、ある程度巻き上げれば、再度ジグを底に沈めてから誘う必要があります。

 

 

他には、スローのワンピッチジャークでもOKです。

 

ある程度誘って巻き上げれば、底まで沈めます。

 

 

フォール中に食ってくることがあります。

 

ラインが出ていかなくなったり、勢いよく出ていく時は糸ふけを取ってすぐに合わせます。

 

 

竿下で当たりがなければ、潮上に軽くキャストして広く探るとよいです。

 

スピニングタックルを使うと、さらに遠くへキャストできます。

 

斜めにジグを引くと、底付近を長く攻められるというメリットがあります。

 

この時も、ただ巻きだけでなく、スローのワンピッチジャークを取り入れるとよいことがあります。

 

 

当たりがあった時は、タイラバとはまったく異なります。

 

タイラバは当たりがあっても、そのまま巻き続けます。

 

しかし、マイクロジギングではしっかりと合わせるのが基本です。

 

合わせないと、針がかりせず、バレてしまいます。

 

そのため、当たりがあれば、即合わせします。

 

ただ、あまり強く合わせると、ラインが切れてバレることがありますので注意が必要です。

 

ライン切れ防止のため、若干ドラグを緩めにしておくとよいです。

 

針がかりすれば、無理をしないように巻き上げるだけです。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「真鯛釣りの胴突き仕掛け

ホーム