ショアラバ仕掛け(ロッド・リール)での真鯛釣り

ショアラバ仕掛け(ロッド・リール)での真鯛釣り

ショアラバ仕掛けでの真鯛釣りについてご紹介しています。

 

ショアラバとは、おかっぱりから行うタイラバのことです。

 

タイラバは、今大人気の船からの真鯛のルアー釣りのことです。

 

それだけに、ショアラバ人気もどんどん高まっています。

 

 

おかっぱりからの釣りと言ってもバカにできません。

 

大型の真鯛が釣れることもあります。

 

真鯛だけではなく、青物やロックフィッシュ、ヒラメ、マゴチなども釣れます。

 

何が釣れるのかわからないという楽しみもあります。

 

 

では、ショアラバ仕掛けを見ていきましょう。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

ショアラバ 仕掛け

 

 

仕掛けについては、船からのタイラバと異なる点がいくつか見られます。

 

ロッド

詳しくはこちらを!

 

 

リール

詳しくはこちらを!

 

 

ライン

ラインは、PEの0.8〜1.5号を使います。

 

最低でも、150mは巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの3〜5号をセットします。

 

1ヒロほどでよいです。

 

 

タイラバ

タイラバの重さは、30〜45gを使います。

 

オフショア用の遊動式でもOKです。

 

反応がよくない場合は、カーリーテールのワームをセットするとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ショアラバロッド(タックル)の選び方とおすすめ

ホーム