落とし込み(ライト落とし込み)の船仕掛け

ライト落とし込みの釣り方

ライト落とし込みの釣り方についてご紹介しています。

 

落とし込みでもっとも重要なのは、ベイトを釣ることです。

 

このベイトが釣れないことには、真鯛釣りができないためです。

 

できるだけ多くのベイトを針にかけて、落とし込みたいです。

 

まずは、ベイト釣りに専念しなければなりません。

 

 

主なベイトは、次のとおりです。

 

イワシ

ベイト イワシ

 

小アジ

ベイト 小アジ

 

小サバ

ベイト 小サバ

 

 

釣り方は次のとおりです。

 

仕掛けを投入してベイトの棚へ落とし込む

船長から、ベイトがいる棚についての指示があります。

 

仕掛けを落とし込んで、その棚をくぐらせます。

 

フォールさせて、その棚を通すだけでよいです。

 

特にイワシは当たりが小さいので、竿先に集中して当たったかどうかを見逃さないようにします。

 

 

食わなければ、棚の上まで巻き上げて再度フォールします。

 

それでも食わなければ、サミングして落下速度を変えてみます。

 

その日によく食う速度を探ります。

 

適度な数のベイトが付くまで繰り返します。

 

1、2匹では厳しいです。

 

 

真鯛を狙う

ベイトを針がかりさせられたら、底へ仕掛けを落とし込んで真鯛を狙います。

 

とは言っても、底へ沈めるだけで、特に何もする必要はありません。

 

ベイトが泳ぎ回って誘いがかかります。

 

そのまま当たりがあるのを待ちます。

 

 

当たりがあれば

当たりがあれば、大きく合わせて巻き上げます。

 

無理は禁物です。

 

しっかりとドラグ調整を行って、万全の状態でやり取りをする必要があります。

 

真鯛以外にも、ブリやヒラマサなどの青物、ヒラメ、ハタなどの底物が食ってくることがあります。

 

何が釣れるのかわかならいのも、この釣りの大きな魅力の1つです。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「船釣りのノマセ仕掛け

ホーム