真鯛釣りのクーラーボックスの選び方

真鯛釣りのクーラーボックスの選び方

真鯛釣りのクーラーボックスの選び方についてご紹介しています。

 

クーラーボックスを選ぶ際には、主に次の2つで決めるとよいです。

 

クーラーボックスの容量で選ぶ

容量とは、大きさのことです。

 

容量が小さいと、釣った真鯛が入らないという最悪の事態を招くこともあります。

 

これだけは避けたいですね。

 

そうならないためにも、適切な容量のクーラーボックスを購入しないといけません。

 

 

購入前に、

 

  • どれくらいの大きさの真鯛が釣れるのか?
  • どれくらいの数の真鯛が釣れるのか?

 

について確認しておきます。

 

釣りに行く船や場所、時期によって、釣果には大きな差があります。

 

きっちりと把握したうえで、適切な容量のクーラーボックスを選べば失敗はしないと思います。

 

 

私の経験上ですが、次のような容量のクーラーボックスをおすすめします。

 

  • タイラバなどの船釣りなら、25〜35リットル
  • 船釣りで大型が釣れる可能性が高いなら、50リットル
  • おかっぱりなら、20〜25リットル

 

スポンサーリンク

 

 

クーラーボックスの保冷力で選ぶ

クーラーボックスを保冷力で選ぶという方法もあります。

 

保冷力とは、どれくらいの時間冷えているかということです。

 

もちろん、外気の気温などによっても影響を受けます。

 

 

夏は、非常に暑いです。

 

保冷力が高いクーラーボックスは、氷がなかなか解けずに長持ちします。

 

当然、魚の鮮度も保てます。

 

 

保冷力が高いクーラーボックスほど、価格が高くなります。

 

保冷力は高いに越したことはありませんが、予算に応じて選ぶとよいです。

 

 

クーラーボックスは、主に容量と保冷力で選べば失敗は少ないです。

 

ただ、頑丈さも考慮しておくとよいです。

 

仕立船では、クーラーボックスをイス代わりに使うこともあります。

 

ずっと座っていると、安物は割れてしまうことがあります。

 

 

レジャー用はあまりおすすめしません。

 

価格が安いというメリットはありますが、保冷力が低く、頑丈さの面で難があるものが多いです。

 

釣り用のクーラーボックスを購入した方がよいです。

 

釣り用のクーラーボックスは高いですが、普通に使っていれば長期間にわたって使い続けることができます。

 

十分、元は取れると思います。

 

 

おすすめのクーラーボックス

おすすめのクーラーボックスは、次のとおりです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「真鯛釣りのエサは?

ホーム