マイクロジギングの真鯛タックルと仕掛け

マイクロジギングの真鯛タックルと仕掛け

マイクロジギングとは

マイクロジギングとは、タングステン製の小さなジグ極細のPEを使って、ライトタックルで行う釣りのことです。

 

次のような状況の時に威力を発揮します。

 

  • 真鯛の活性が低い時
  • 潮があまり動いていない時

 

釣りにくい状況の時ほど試してみたい釣り方です。

 

真鯛だけでなく、いろいろな魚が釣れます。

 

本当に手軽にできるので、初心者や女性でも楽しめます。

 

 

マイクロジギングでの真鯛釣り仕掛け

マイクロジギングでの真鯛釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

真鯛はマイクロジギングでも釣ることができます。

 

マイクロジギングで真鯛を釣るということ自体、まだあまり浸透していません。

 

これから、徐々に人気になっていくかもしれません。

 

ルアーへの反応がよい真鯛だけに、かなり面白い釣りが楽しめます。

 

 

マイクロジギングでの真鯛釣り仕掛けは、次のとおりです。

 

マイクロジギングの真鯛タックルと仕掛け

 

 

ロッド

リール

マイクロジギングでの真鯛釣りに使うロッド・リールはこちらを!

 

 

ライン

ラインは、PEの0.6〜0.8号を使います。

 

PEは強度があるので、細いラインを使えます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの3〜4号を使います。

 

長さは、1.5〜2mほどにしておきます。

 

 

メタルジグ

メタルジグは、マイクロジグ専用のジグを使います。

 

タングステン製がおすすめです。

 

同じ重さでもシルエットが小さいので、魚の反応がよいです。

 

沈下速度も速いです。

 

重さは、30〜60gをメインに潮の速さなどによって使い分けます。

 

必ず底を取れるものを選びます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイクロジギングでの真鯛釣りのロッドとリール

ホーム