真鯛釣りの堤防からのルアーでの釣り方【ショア真鯛】

真鯛釣りの堤防からのルアーでの釣り方【ショア真鯛】

真鯛釣りの堤防からのルアー(ジグヘッド・メタルジグ)での釣り方についてご紹介しています。

 

やはり、実績のある釣り場がおすすめです。

 

自分で釣り場を探す場合は、次のことに注意するとよいです。

 

ベイトの回遊は必須と言ってもよいです。

 

イカナゴやイワシなどの回遊が見られない場所では、真鯛を釣るのは難しいです。

 

他にも、まだ条件があります。

 

潮通しがよくて、水深が最低でも7〜10m以上ないと、真鯛がいない可能性が高くなります。

 

この場所にベイトが回遊してくれば、期待大です。

 

場所が決まれば、カケアガリやシモリがないかチェックするとよいです。

 

 

時間帯は、がおすすめです。

 

真鯛は、日中は深場にいて、夜になると浅場にやって来るためです。

 

常夜灯周辺は狙い目です。

 

 

堤防からのルアーでの釣り方は、次のとおりです。

 

はじめに、仕掛けをキャストします。

 

必ず、潮上にキャストします。

 

自分よりも潮上で着底するようにします。

 

潮下では、糸がふけてしまうので、着底がわかりにくいです。

 

そのため、できるだけ潮上の方向に、できるだけ遠くにキャストするように心がけます。

 

 

着底後、スローなリフト&フォールで誘います。

 

軽くシャクッて沈めます。

 

沈める時はテンションフォールです。

 

底付近を丹念に探ります。

 

 

誘っている時にも、仕掛けは潮で流されていきます。

 

やがて潮下に流れていきます。

 

着底がわかりにくくなれば、仕掛けを回収し、再度潮上にキャストします。

 

これを繰り返します。

 

真鯛釣り 堤防 ルアー

 

ただ巻きでも狙えます。

 

特に、イワシが回遊してくる時期は、真鯛がイワシを狙って中層付近まで浮いてきます。

 

この時に効果的です。

 

使用するルアーなどによっては、他の誘い方でもOKです。

 

 

ルアーは、必ず底が取れる重さを使います。

 

重くなると食いが悪くなりますが、底を取れないようでは、根がかりなどで釣りになりません。

 

慣れるまでは、底が取れるように重めのルアーを使うとよいです。

 

 

当たりにはいろいろありますが、どのような当たりにも即合わせします。

 

針がかりすれば、無理をしないようにゆっくり巻いてきます。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「」

ホーム