タイラバ(鯛ラバ)ロッドのおすすめの選び方

タイラバ(鯛ラバ)ロッドのおすすめの選び方

タイラバ(鯛ラバ)ロッドのおすすめの選び方についてご説明しています。

 

タイラバに使うロッドは、タイラバ専用ロッドがよいです。

 

専用ロッドは、感度や軽さなど、タイラバをするためにいろいろと計算して作られたロッドだからです。

 

そのロッドを使わない手はありません。

 

タイラバ ロッド

 

 

専用ロッドと言っても、さまざまなものがあります。

 

では、どういったロッドがよいのでしょうか?

 

 

まず、長さについてですが、6〜7フィートぐらいのロッドが使いやすいです。

 

この釣りでもっとも重要なことは、違和感なく真鯛に食い込ませることです。

 

そのため、ロッドの調子には気を遣わないといけません。

 

6:4調子のロッドがよいです。

 

穂先が柔らかいソリッドティップのロッドがおすすめです。

 

特に、活性の低い時に大きな威力を発揮します。

 

ロッドが硬いと、食いが悪いだけではなく、バラシも増えます。

 

 

使用するタイラバのウェイトにも注意が必要です。

 

釣りに行く場所や潮の速さなどによって、ウェイトはまったく異なります。

 

そのため、使用するタイラバのウェイトを考慮してロッドを選ばなければなりません。

 

 

タイラバは、ベイトリールがよく使用されます。

 

もしベイトリールを使うのなら、ベイトロッドを選ばないといけません。

 

そのため、使用するリールについても考慮する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

タイラバ(鯛ラバ)ロッドとして代用可能なロッド!

理想はタイラバ専用ロッドですが、すでに持っているロッドを代用したいという人もいるでしょう。

 

もちろん、代用は可能です。

 

 

代用可能なロッドして、次のようなものがあります。

 

  • 船竿(6:4調子の30号)
  • バスロッド
  • エギングロッド
  • イカメタルゲーム専用ロッド

など

 

 

ただ、“可能か?不可能か?”という質問に対して、“可能”と答えているだけで、決しておすすめしているわけではありません。

 

タイラバロッドは穂先の柔らかさだけではなく、バッドの強さというものも兼ね備えています。

 

長時間の操作でも疲れないように、軽量化が図られていたり、グリップを脇に挟んで行えるようになっていたりします。

 

そのため、タイラバ専用ロッドで釣りをしている人と比べると、かなり不利であると言えます。

 

このような点を踏まえた上で、ロッドを流用してください。

 

 

どうしても代用したいという人は、最低でも次の点については考慮した方がよいです。

 

  • 穂先が柔らかい。
  • バットがしっかりしている。
  • タイラバのウェイトを確認する。

 

 

あとは、1度やってみて判断するしかありません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タイラバロッドでイカメタルやスロージギングは可能?

ホーム