磯フカセ釣り(波止フカセ釣り)の真鯛仕掛け

磯フカセ釣り(波止フカセ釣り)の真鯛仕掛け

磯フカセ釣り(波止フカセ釣り)で真鯛を狙う仕掛けについてご紹介しています。

 

真鯛のフカセ釣りと言えば、船からの完全フカセ釣りが有名です。

 

もしかしたら、波止からフカセ釣りで真鯛を狙えること自体、知らない人もいるかもしれません。

 

 

そもそもフカセ釣りとは、どのような釣り方なのでしょうか?

 

フカセ釣りとは、仕掛けを潮に乗せて流し、撒き餌で寄せておいた真鯛に食わせるというものです。

 

もちろん、対象魚は真鯛だけではなく、チヌなどいろいろな魚がターゲットとなります。

 

 

フカセ釣りの仕掛けは、次のとおりです。

 

磯フカセ釣り 波止フカセ釣り 真鯛 仕掛け

 

 

竿

竿は、磯竿の1〜1.5号を使います。

 

長さは、5mぐらいがおすすめです。

 

パワーのある磯竿を使うとよいです。

 

おすすめは、真鯛専用のフカセ釣り竿です。

 

 

 

 

 

リール

リールは、ブレーキレバー付きのスピニングリールを使います。

 

サイズは、2500〜3000番です。

 

 

 

 

ライン

ラインは、ナイロンの3号を巻いておきます。

 

 

ウキ

ウキは、3B〜5Bをセットします。

 

潮の速さなどにより変わります。

 

 

ハリス・針

ハリスはフロロカーボンの2.5〜3号(2〜3ヒロ)、マダイ針7〜9号を使います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「磯フカセ釣り(波止フカセ釣り)の真鯛の釣り方

ホーム