ショアラバのリールの選び方とおすすめ

ショアラバのリールの選び方とおすすめ

船でのタイラバでは、ベイトリールを使う釣り人が多いです。

 

船釣りなので、基本的にはキャストしません。

 

仕掛けを真下に落として釣ります。

 

真下に落とす場合には、ベイトリールの方が底を取りやすいです。

 

着底後、すぐに底を切って巻き始めるのなら、ベイトリールの方が操作しやすいです。

 

こういったメリットから、スピニングリールよりベイトリールの方がよく使われています。

 

ショアラバ リール

 

 

では、ショアラバの場合はどうなのでしょうか?

 

まず、ショアラバではキャストしますので、真下に落とすことはあまりありません。

 

ベイトリールの底を取りやすいというメリットはそれほど感じなくなります。

 

すぐに底を切って巻き始めるというメリットについても、キャストしてしまえば、スピニングリールもベイトリールも同じです。

 

この辺は、釣り人の感じ方によっても変わってきそうですが。

 

 

ここまでいろいろと書いてきましたが、スピニングリールを使う大きなメリットがあります。

 

キャストした際に、バックラッシュしないことです。

 

それに、スピニングリールの方がベイトリール以上に飛距離が出ることです。

 

もし、ベイトリールでバックラッシュせずに、スピニングリール以上の飛距離が出せるのなら、ベイトリールを使えばよいです。

 

中にはそのような人もいるかもしれませんが、ほとんどの人はそうではないと思います。

 

こういったことから、スピニングリールを使った方がよいのです。

 

 

スピニングリールのサイズは、3000〜4000番が適しています。

 

ハイギアタイプがおすすめです。

 

あまりにも安価なリールを購入すると、ハンドルが重かったり、本体の軽量化が図られていなかったりと、かなり釣りにくい恐れがあります。

 

最低でも、1万円前後のリールを購入することをおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ショアラバの釣り方(ルアーのアクション含む)

ホーム