一つテンヤリール・ラインの選び方

一つテンヤリール・ラインの選び方

一つテンヤリール・ラインの選び方についてご説明しています。

 

 

一つテンヤのリールの選び方

 

誰もが思うのが、一つテンヤにはスピニングリールがよいのか、ベイトリールがよいのかということです。

 

タイラバはベイトリールが好まれますので、一つテンヤもベイトリールの方がよいのではと考えてしまいます。

 

しかし、実際のところはスピニングリールの方がよいと言われます。

 

 

最大の理由は、フォール(沈めること)のスピードです。

 

テンヤは非常に軽いです。

 

軽いテンヤをいかに早く沈めるかで、時間のロスをかなり減らすことができます。

 

また、軽いテンヤは底を取るのが難しいのですが、スピニングリールでは糸ふけを利用すれば、意外と簡単に底を取れます。

 

あと、ドラグの性能はスピニングリールの方が優れています。

 

スポンサーリンク

 

 

では、どのようなスピニングリールを選べばよいのでしょうか?

 

まず、大きさですが、2500〜3000番が使いやすいです。

 

あまり小さいと、必要なラインが巻けなかったり、巻き取るパワーが足りなかったりします。

 

 

長時間の手持ち釣りでも疲れないように、ある程度軽量なものがよいです。

 

あとは耐久性があって、ソルト対応になっているものを選びます。

 

 

最近では、レバーブレーキタイプのものを使用する人がいます。

 

これにより、スムーズにラインの送り出しができます。

 

一つテンヤ マダイ釣り

 

 

一つテンヤのラインの選び方

一つテンヤのラインの選び方についてです。

 

ラインは、感度がよいPEを使用します。

 

PEは、細ければ細いほど、波の影響を受けないなどの理由で食いがよいと言われています。

 

ただ、ある程度の太さがなければ、強度の面で不安です。

 

そのため、PEは0.6〜0.8号を使用します。

 

その代わり、ドラグの調整は必須です。

 

切れてもよいように、150〜200mは巻いておきます。

 

 

スピニングリールは、カウンターが付いていませんので、何m出したのかわかりません。

 

そのため、色付きのPEで把握する必要があります。

 

PEは10mごとに色が変えられており、1mごとに目印が付いているものを選びます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「一つテンヤの選び方

ホーム