一つテンヤ,餌,付け方,エビ,一つテンヤ 餌

一つテンヤの餌と付け方

一つテンヤの餌と付け方についてご説明しています。

 

 

一つテンヤの餌

一つテンヤの餌は、基本的にエビを使います。

 

生エビと冷凍エビのどちらでもよいです。

 

エビの種類としては、赤エビなどがよく使われます。

 

赤エビは結構高いので、他のエビでも構いません。

 

芝エビブラックタイガーなどでも釣れます。

 

スーパーなどで安い時にまとめて購入し、冷凍保管すればよいのです。

 

釣りに行く場所によっては、生きたサルエビなどを使うこともあります。

 

 

大きさは、あまりにも大き過ぎても、小さすぎてもよくないようです。

 

大き過ぎると潮の抵抗をもろに受けますし、小さすぎるとテンヤとエビがアンバランスになってしまいます。

 

適度な大きさのものが1番です。

 

スポンサーリンク

 

 

一つテンヤの餌の付け方

餌の付け方は、特に難しくはありません。

 

次のように付けます。

 

 

一つテンヤ 餌 付け方

 

 

エビと本体のフックは、必ず上のような向きに取り付けます。

 

最初に、エビの尻尾の1部をハサミで切り落とします。

 

本体のフックに、エビをまっすぐ伸びた状態で取り付けます。

 

最後に、孫針を頭部に刺します。

 

 

孫針は、頭部に取り付けるのですが、刺し込む位置や向きなどはさまざまです。

 

特に、こうしなければならないという決まりはありません。

 

 

孫針を先に刺し込み、頭部が取れないようにする方法もあります。

 

こちらの動画が参考になります。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「一つテンヤの釣り方とテクニック

ホーム