真鯛の完全フカセ釣りで使う竿(ロッド・タックル)

真鯛の完全フカセ釣りで使う竿(ロッド・タックル)

真鯛の完全フカセ釣りに使う竿についてご説明しています。

 

完全フカセで使う竿は、特にそれほどこだわる必要がありません。

 

極端な話、掛かったマダイをバラすことなく、巻き上げられれば何でも構いません。

 

胴突き釣りや天秤フカセ釣りは、オモリを使いますので、オモリ負荷を考慮しなければなりませんでした。

 

オモリを使わない完全フカセ釣りは、オモリ負荷をそれほど重要視しなくてもよいのです。

 

ただ、そうは言っても、小物釣り用の細い竿では真鯛の引きに耐えられないでしょう。

 

また、潮が速いと、魚が付いていなくても、相当の負荷が竿にかかりますので、破損してしまう恐れもあります。

 

これらの点から、やはり真鯛専用の竿を準備した方がよいです。

 

 

真鯛釣りをする人なら、完全フカセ釣りだけではなく、胴突き釣りや天秤フカセ釣りもすると思います。

 

それなら、胴突き釣りや天秤フカセ釣りのために購入した竿を完全フカセ釣りにも使えばよいです。

 

胴突き釣りや天秤フカセ釣りで使える竿を購入すれば、1本の竿でいろいろな釣りができます。

 

 

基本的には、胴突き釣りや天秤フカセ釣りで使える竿を購入すればよいのですが、極端に柔らかくて長い竿は避けた方がよいです。

 

風が強かったり、潮が速いと、仕掛けを自分の目の前まで寄せられず、回収しづらいです。

 

そうなると、非常に釣りにくいです。

 

 

逆に、硬すぎてもいけません。

 

硬すぎると、真鯛とのやり取りが困難になり、最悪バラしてしまう恐れがあります。

 

やや柔らか目ぐらいの竿が最適です。

 

 

真鯛の完全フカセ釣りにおすすめの竿

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「真鯛の完全フカセ釣りで使うリール!電動リールがおすすめ?

ホーム