ショアラバロッド(タックル)の選び方とおすすめ

ショアラバロッド(タックル)の選び方とおすすめ

ショアラバロッド(タックル)の選び方についてご紹介しています。

 

船からのタイラバと釣り方が異なりますので、使用するロッドの種類も変わってきます。

 

もっとも異なるのは、ショアラバはキャストして釣るということです。

 

もちろん、船からのタイラバでもキャストすることがありますが、ショアラバほど本格的には投げません。

 

本格的に投げるということは、船のタイラバで使用しているような柔らかいロッドでなく、投げるのに適したロッドを使った方がよいと言えます。

 

 

ショアラバ専用ロッドが販売されていますので、専用ロッドを購入してもよいです。

 

ただ、専用ロッドはまだ数が少ないです。

 

そのため、ショアラバでよく使われているのはシーバスロッドです。

 

遠投できるロッドの方が幅広く探れて有利です。

 

8〜10フィートの長さのものがよいです。

 

長い方がリフトアップしやすいです。

 

エギングロッドライトジギングロッドロックフィッシュ用ロッドでも代用できます。

 

 

ショアジギロッドなどで硬めのものは、真鯛が違和感を抱いてタイラバを離してしまいます。

 

そのため、穂先がそこそこ柔らかいロッドを使わなければなりません。

 

適合ルアーウエイトは、30〜40gのものを選びます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ショアラバのリールの選び方とおすすめ

ホーム