タイラバなどの真鯛釣り仕掛け(ロッド・リールなど)と釣り方

イカダイの仕掛け

イカダイの仕掛けについてご紹介しています。

 

イカダイ釣りとは、イカで真鯛を釣ることです。

 

イカと言っても、イカの短冊ではありません。

 

生きたスルメイカを丸ごと針にかけて釣ります。

 

マイカで釣ることもあります。

 

エサのイカも、自分で釣ります。

 

そのため、イカダイはに行われます。

 

真鯛釣りと言えば、日中に釣るというイメージがありますが、夜釣りでも釣れるのです。

 

 

では、生きたイカでどのように真鯛を釣るのでしょうか?

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

イカダイ釣り 仕掛け

 

ノマセ釣り仕掛けによく似ています。

 

 

竿

詳しくはこちらを!

 

 

リール

リールは、狙う水深が100m前後あることもあって、電動リールを使った方がよいです。

 

100mを手で巻くのは大変です。

 

手返しの面からも電動リールがおすすめです。

 

ダイワなら500サイズがぴったりです。

 

 

仕掛け

最近人気が高まってきたということもあってか、何種類かの専用仕掛けが販売されています。

 

その仕掛けを購入すればよいです。

 

もし作るのなら、エダスのハリスは8〜12号、1ヒロぐらい取ります。

 

それに、親針と孫針を付けます。

 

針は、マダイ針の9号です。

 

親針と孫針の間隔は、30cmほどにしておきます。

 

捨て糸(オモリと三又サルカンの間)は70〜80cmにします。

 

上の図を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「イカダイの竿でおすすめは?

ホーム