フラッシングタイラバを自作!ワーム・スカートは?

フラッシングタイラバを自作!ワーム・スカートは?

フラッシングタイラバの自作についてご紹介しています。

 

そもそも、フラッシングタイラバとは何なのでしょうか?

 

今、人気急上昇中の釣り方です。

 

普通、タイラバにはネクタイとスカートが付いていて、これらがヒラヒラ動くことで、真鯛にアピールして食わせます。

 

しかし、フラッシングタイラバでは、ネクタイを外して、その代わりにフックにフラッシュ系のワームを付けます。

 

ワームがキラキラ光ることで、真鯛にアピールするのです。

 

 

ネクタイでも、ワームでも、真鯛にアピールするのだから、たいして変わらないのではという声が聞こえてきそうです。

 

実際のところ、ワームを付けたことによるメリットは大きいです。

 

 

メリットには、次のようなものがあります。

 

タイラバでは、コツコツという当たりがあっても、なかなか針に掛からないことがあります。

 

これは、真鯛がフックではなく、ネクタイを食いに来ているためです。

 

フックには、何も付いていないので、真鯛はひらひら動くネクタイの方に関心を持つのです。

 

 

フラッシングタイラバでは、ネクタイを外して、フックにキラキラ光るワームを付けます。

 

すると、真鯛はワームに興味を持ち、フックに付いたワームに食い付いてきます。

 

当然、フックにも食い付くことになり、針がかりします。

 

 

また、ネクタイを付けると、ネクタイとフックが引っ掛かってしまって、真鯛が針がかりするのを邪魔することがあります。

 

フラッシングタイラバでは、ネクタイを外すので、ネクタイとフックが引っ掛かってしまうことがありません。

 

 

ここまでは、メリットについて解説してきました。

 

フラッシングタイラバでは、釣果が伸びないこともあります。

 

真鯛がワーム自体に、あまり好反応を示さないこともあるためです。

 

釣りに絶対ということはありません。

 

フラッシングタイラバを含め、いろいろな釣り方をできるように準備しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

 

では、フラッシングタイラバを自作するには、どうすればよいのでしょうか?

 

自作と言っても、ネクタイ以外のヘッド・スカート・フックをすべて自分で作るという意味ではありません。

 

もちろん、すべてを作りたい人は作ってもかまいませんが、ここではそこまではしません。

 

既製品の組み合わせと考えてください。

 

 

使用するのは、ヘッド・スカート・フックです。

 

基本的には、好きなものを組み合わせればよいです。

 

一式セットで販売されているものから、ネクタイを外しても構いません。

 

 

スカートのボリュームは、あまりない方がよいです。

 

ボリュームがあり過ぎると、さほどネクタイを外しても変わらないためです。

 

深場を狙うのであれば、グロー系のスカートを使うと効果的です。

 

 

ワームには、いろいろな種類があります。

 

どのワームがよいのか、迷うところです。

 

 

ワームのサイズは、1.5〜2インチぐらいがおすすめです。

 

ベイトのサイズに合わせた方がよいです。

 

ノッコミの時期は、小さ目のワームの方が反応がよいと言われています。

 

 

他のルアー釣り同様、真鯛も先ほどまで食っていても、スレてしまって食わなくなることがあります。

 

そのため、いろいろな種類のワームを用意しておかなくてはなりません。

 

 

おすすめのワームはこちらです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タイラバ(鯛ラバ)で電動リールは?

ホーム