スロージギングの釣り方のコツ【真鯛釣り】

スロージギングの釣り方のコツ【真鯛釣り】

スロージギングの釣り方のコツについてご紹介しています。

 

スロージギングでは、激しくシャクるような釣り方はしません。

 

そのため、初心者や女性でも比較的簡単に釣りを楽しめます。

 

 

スロージギングの釣り方は、次のとおりです。

 

基本は、スローピッチジャークです。

 

スロージギング用のメタルジグは、ジャークすると横に跳ねてゆらゆら沈むように設計されています。

 

そのため、狙っている棚の中で、何度も右へ左へ跳ねさせることができます。

 

これにより、真鯛に大きくアピールすることができます。

 

 

はじめに、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底すれば、すぐに巻き上げて誘い始めます。

 

すぐに巻き上げないと、根がかりする恐れがあります。

 

 

ロッドを1回シャクる間に、リールを1/2〜1/6回転巻くとよいです。

 

どれくらいのピッチで巻き上げればよいのかは、やってみないとわかりません。

 

巻き上げる速さについても、いろいろやってみて真鯛の反応をみます。

 

スロージギングなので、かなりゆっくり誘いを入れると思う人もいるでしょうが、意外と速く巻いて誘います。

 

ずっと同じパターンで誘うのではなく、ロッドをシャクる際の振り幅などについて変化をつけるとよいです。

 

当たりがあれば、その時のヒットパターンで、再度誘いをかけるとよいです。

 

スロージギングの釣り方のコツ

 

 

メタルジグを大きく跳ね上げてフォールで食わせるという釣り方もあります。

 

魚は落ちてくるものに大きな興味を持ちます。

 

そのため、真鯛狙いでも効果的です。

 

 

フォールには、フリーフォールテンションフォールがあります。

 

フリーフォールとは、ラインを張らないで沈めることです。

 

テンションフォールとは、ラインを張った状態で沈めることです。

 

どちらがよいのかはやってみないとわかりませんので、両方とも試してみてよい方を採用します。

 

スロージギングの釣り方のコツ

 

 

真鯛がターゲットなので、底付近を中心に攻めます。

 

基本的には、底から10mの間を狙うとよいです。

 

船長から指示があると思いますので、その指示に従います。

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイクロジギングの真鯛タックルと仕掛け

ホーム