マイクロジギングでのマダイ釣りのロッドとリール

マイクロジギングでの真鯛釣りのロッドとリール

マイクロジギングでの真鯛釣りに使うロッド

マイクロジギングでの真鯛釣りに使うロッドについてご紹介しています。

 

使用するロッドは、マイクロジギング専用ロッドです。

 

マイクロジギングという釣り方は、まだそれほどメジャーではありません。

 

そのため、まだまだ専用のロッドの種類が少ないです。

 

 

専用ロッドにも、いくつかのタイプのものがあります。

 

まずは、スピニングリールタイプベイトリールタイプかです。

 

基本的には好みで選べばよいです。

 

ただ、どのような釣り方をメインで行うかで選ぶと無難です。

 

スピニングリールタイプ:キャストして広範囲を探る釣り方に適しています。

 

ベイトリールタイプ:真下に沈めて行う釣り方に適しています。

 

 

次に、チューブラーティップソリッドティップかです。

 

穂先の硬さです。

 

どのような釣り方をメインで行うかで選ぶと釣果アップが期待できます。

 

チューブラーティップ:ジャークを多く取り入れたり、積極的に合わせを入れて掛けていく釣り方に最適です。

 

ソリッドティップ:ただ巻き食い込み(乗り)重視の釣り方に適しています。

 

 

できれば、スピニングリールタイプのチューブラーティップのロッドベイトリールタイプのソリッドティップのロッドを用意して釣りに行くとよいです。

 

こうすることで、状況に応じた釣りが展開しやすくなります。

 

 

他のロッドを代用することもできます。

 

おすすめは、次のようなロッドです。

 

  • 一つテンヤロッド
  • ライトジギングロッド
  • エギングロッド
  • タイラバロッド
  • シーバスロッド

など

 

 

代用するなら、上記のもので次のような条件に合致したものを選ぶとよいです。

 

長さは、6〜8フィートぐらいが釣りやすいです。

 

穂先は、あまり硬すぎない方がよいです。

 

ある程度柔らかくないと、当たりを取りにくいです。

 

あと、使用するジグの重さに注意する必要があります。

 

 

 

 

マイクロジギングでの真鯛釣りに使うリール

マイクロジギングでの真鯛釣りに使うリールについてご紹介しています。

 

使用するリールは、スピニングリールでもベイトリールでも構いません。

 

釣り方によって、使い分けるとよいです。

 

 

キャストするのなら、バックラッシュのないスピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、2500〜3000番を使います。

 

 

竿下に沈めて釣るのなら、ベイトリールがおすすめです。

 

底を取りやすいです。

 

サイズは、小〜中型を使います。

 

 

細いラインを使うことが多いです。

 

無理をすると切れてしまいます。

 

そのため、ドラグ性能の優れたリールを使った方がよいです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイクロジギングでの真鯛の釣り方

ホーム