ダイワのタイラバ(鯛ラバ)ロッドでは「紅牙」が人気

ダイワのタイラバ(鯛ラバ)ロッドでは「紅牙」が人気

ダイワの人気・おすすめのタイラバ(鯛ラバ)ロッドをご紹介しています。

 

ダイワのタイラバロッドと言えば、紅牙が有名です。

 

他にも、ダイワにはタイラバで使えるロッドはありますが、やはりこれに勝るものはないと思います。

 

 

おすすめのロッドは次のとおりです。

 

「紅牙 AIR」がおすすめです。

 

軽さを追及した超軽量モデルです。

 

「メタルトップ」の採用により、高感度に仕上がっています。

 

真鯛とのスリリングなやり取りが可能となっています。

 

高ければよいというわけではありませんが、価格に見合う価値があると感じています。

 

 

タイラバゲームに求められる基本性能をしっかり抑えながら、軽さという要素を突き詰めた超軽量モデル。

 

「X45」「HVFナノプラス」「チタンKガイド」などのテクノロジーをふんだんに搭載。

 

マダイとのスリリングなやり取りを存分に楽しめるハイパフォーマンスモデルに仕上がっている。

 

金属ならではの高感度をもたらす「メタルトップ」搭載で「乗せ」と「掛け」を追求した基本モデルに加え、「全身メガトップ」の「TG=スリルゲーム」や、センターカット2ピースで持ち運びに便利な「AP=エアポータブル」など、かゆいところに手が届くこだわりのアイテムもラインナップ。

 

軽さ・素材・調子・曲がり・外観美、どれを取っても死角のない紅牙シリーズの中核をなすアイテム。

 

(ダイワHPより引用)

 

 

 

「紅牙」シリーズには、他にもいろいろなロッドがあります。

 

紅牙 EX AGS」や「紅牙 MX」も使いやすいです。

 

「紅牙」シリーズは、タイラバを楽しむのに最高のロッドです。

 

あくまで、個人的な見解ですが。

 

メーカーHPを記載していますので、比較してみるとよいです。

 

 

日進月歩で進化し続けるタイラバワールドをリードし続けるダイワの専用ブランド「紅牙」が贈る、筋金入りのタイラバフリークのためのフラッグシップモデル。

 

タイラバの第一人者であるフィールドテスター中井一誠・後迫正憲の研ぎ澄まされた感性と最先端のダイワテクノロジーが融合し、さらに信頼の“MADE IN JAPAN”によるその完成度は他の追随を許さない。

 

王道の「乗せ」と、ダイワが先駆けて提唱した「掛け」を含め、上級者の厳しい要求に応える充実のラインナップ。

 

「タイラバが好きで好きでしょうがない」という熱いアングラーにこそぜひ手に取って頂きたい。

 

(ダイワHPより引用)

 

 

 

 

神経質な大ダイにも違和感なく食わせ、ネクタイやスカートをかじる繊細なアタリを手元に伝える高感度メタルトップ搭載のタイラバロッド。

 

フックアウトを防ぐ粘強肉厚ブランク採用の1ピースモデル。

 

2014年春にはシャローおよび軽量タイラバ対応のMパワーと、ブームになりつつあるキャスティングモデルを含む計3アイテムが追加。

 

(ダイワHPより引用)

 

 

 

特に、初心者は始めから無理をして高いロッドを購入する必要はありません。

 

釣りに慣れて、それでもよいものが欲しいと感じれば、買い直せばよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「シマノのタイラバ(鯛ラバ)ロッドでは「炎月」が人気

ホーム