タイラバ(鯛ラバ)仕掛けのリーダーと結び方

タイラバ(鯛ラバ)仕掛けのリーダーと結び方

タイラバ(鯛ラバ)仕掛けのリーダーの選び方

ラインにPEを使うので、リーダーは必須です。

 

一般的には、リーダーにはフロロカーボンを使います。

 

ナイロンでも使えなくはありません。

 

ナイロンは伸びる分、真鯛に違和感を与えず食わせることができます。

 

しかし、根ズレにはかなり弱いです。

 

その点、フロロカーボンは根ズレに強く、伸びないので当たりが取りやすいです。

 

それぞれに、メリット・デメリットがあります。

 

個人的には、やはりフロロカーボンをおすすめします。

 

 

フロロカーボンは、3〜5号が最適です。

 

号数は、狙う真鯛の大きさや釣る場所(根が多いところ、砂地など)によって変えるとよいです。

 

食いが悪い時は、細い号数がよく使われます。

 

長さは3〜5mぐらい取ります。

 

長い方が、根ズレによる糸切れの心配が少なくて済みます。

 

スポンサーリンク

 

 

タイラバ(鯛ラバ)仕掛けのリーダーの結び方

ラインとリーダーの結び方についてです。

 

サルカンなどは使いません。

 

そのため、ラインとリーダーは直結します。

 

 

では、どのように結べばよいのでしょうか?

 

きちんと直結するための結び方があります。

 

電車結びなどが主なものです。

 

結び方はたくさんありますが、強度や難易度はさまざまです。

 

理想は、簡単で強度があることです。

 

 

そこで、おすすめなのがFGノットです。

 

比較的簡単で、強度があります。

 

こちらが参考になります。

 

 

 

 

他にも、いろいろな結び方がありますので、自分に合ったものを選ぶとよいです。

 

やり方が決まれば、あとは練習あるのみです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タイラバ(鯛ラバ)仕掛け 遊動式と固定式どちらがよい?

ホーム