一つテンヤのラインの号数などおすすめは?

一つテンヤのラインの選び方

一つテンヤのラインの選び方についてご紹介しています。

 

ラインは、感度がよいPEを使用します。

 

PEは、細ければ細いほど、波の影響を受けないなどの理由で食いがよいと言われています。

 

ただ、ある程度の太さがなければ、強度の面で不安です。

 

そのため、PEは0.6〜0.8号を使用します。

 

その代わり、ドラグの調整は必須です。

 

切れてもよいように、150〜200mは巻いておきます。

 

 

スピニングリールは、カウンターが付いていませんので、何m出したのかわかりません。

 

そのため、色付きのPEで把握する必要があります。

 

PEは10mごとに色が変えられており、1mごとに目印が付いているものを選びます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「一つテンヤの選び方

ホーム