タイラバ(鯛ラバ)ルアーの人気・おすすめは?

タイラバルアーの人気・おすすめは?

タイラバの人気・おすすめのものをご紹介しています。

 

タイラバの種類は本当に多く、どれがよいのかわかりません。

 

当然、100%釣れるタイラバなどないのですが、人気・おすすめのものであったり、今後流行りそうなものを独自の視点で選んで掲載したいと思います。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

こちらが人気となっています。

 

メジャークラフトの広瀬さんのおすすめは「シルバーピンク」です。

 

 

 

タイ乃替は交換用のネクタイです。

 

ノーマル・Wタイ・大鯛の3タイプがあります。

 

Wタイでスタートして、ダメなら標準にしてみるとよいです。

 

大型には大鯛タイプを使います。

 

 

 

他にもいろいろあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハヤブサから、無双真鯛 フリースライドの新しいモデルが登場しました。

 

これらのタイラバの特徴を解説します。

 

 

ハヤブサ 無双真鯛 フリースライド SFヘッド

 

無双真鯛 フリースライド SFについてです。

 

SFとは、ストレートフォールの略です。

 

 

ドテラ流しで釣っている際、一定の速さで巻いていると、通常ヘッドが横に倒れてしまいます。

 

すると、本来のネクタイとワームの動きが出せなくなってしまいます。

 

そのため、潮をしっかりと受けて、横揺れしないヘッドの形状に改良されました。

 

ドテラ流しにぴったりのタイラバに仕上がっています。

 

 

前方低重心設計のため、素早くまっすぐにフォールさせることができます。

 

それにより、しっかり底取りできます。

 

また、安定したスイム姿勢を可能にしました。

 

 

ヘッドがスタビライザー形状のため、後方へしっかりと水流を受け流すことができます。

 

それによって、水流を効率よくネクタイに伝達することができます。

 

 

低摩擦POMパイプの採用により、ライン切れを防ぐことができます。

 

さらに、ヘッドがスムーズに動くようになりました。

 

 

見る角度によりヘッドの色が変わります。

 

これは、偏光塗料が使われているためです。

 

 

いろいろ優れた点があります。

 

1度使って見たいヘッドですね。

 

 

 

ハヤブサ 無双真鯛 フリースライド WFヘッド

 

無双真鯛 フリースライド WFヘッドについてです。

 

WFとは、ウォブリングフォールヘッドの略です。

 

 

両サイドに設けられた平らな面から発生するフラッシングと、ゆらゆらとしたフォールで真鯛にアピールします。

 

フォールに特化したヘッドに仕上がっています。

 

 

どちらのヘッドにも、スパイラルカーリーを装着するとよいです。

 

もちろん、他のものでも問題ありません。

 

フックにワームを付けてもOKです。

 

 

 

 

 

ネクタイやスカートに吹きかけると、味とニオイをプラスすることができます。

 

蛍ムラと夜光パウダーが配合されているので、真鯛によりアピールすることができます。

 

 

 

あと一歩深く食い込ませるのを助けてくれるアイテムです。

 

エビとイカのパウダーがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「タイラバ(鯛ラバ)のワームでおすすめは?

ホーム