ボート真鯛の釣り方〜NS釣法

ボートからのNS釣法での釣り方

はじめに、小型魚群探知機を使ってポイントを探します。

 

マダイは、水深が20〜40mほどの砂地近くににある根にいます。

 

見つかれば、潮上にボートを移動させて、砂地にアンカーを打ってボートを固定します。

 

オキアミを少し撒いて、先ほど見つけた根の方にオキアミが流れていくかを確認します。

 

流れていなければ、何度でもボートを移動させて調整します。

 

適当にやってしまうと、マダイがいないところに仕掛けが流れていって釣れません。

 

 

ボートが固定できれば、釣りの準備を始めます。

 

NS釣法は、基本的にマダイを寄せて釣ります。

 

そのため、はじめのうちは1分間隔で少量を撒いていきます。

 

1度に撒く量よりも、撒く回数の方が大切です。

 

少量をこまめに撒きます。

 

釣りの準備をする時点から、撒き餌をしておくとよいです。

 

 

いよいよ仕掛けの投入です。

 

海中に水深の3分の2ほどの長さのラインを一気に出します。

 

リールのクラッチは切ったままにしておきます。

 

潮に乗ってラインが流れていくので、しばらくするとラインが張ってきます。

 

そのうち、リールからラインがどんどん出ていきます。

 

 

ラインが張っているのにラインが出ない場合は、リールのメカニカルブレーキを緩めます。

 

それでもうまく流れていかない場合は、手で少しずつ送り出してやります。

 

 

ラインを流している間も撒き餌は定期的に行います。

 

3〜5分に1度、少量を撒いておきます。

 

撒き餌は、釣りを終えるまでずっと撒き続けないといけません。

 

 

当たりがあれば、スプールからラインが一気に出ていきます。

 

すぐに親指でスプールを軽く押さえます。

 

そうしないと、バックラッシュしてしまうためです。

 

数秒ほど魚を走らせてから合わせると、しっかり針掛かりします。

 

 

水深の1.5〜2倍流しても、当たりがなければ仕掛けを回収します。

 

エサの状態を確認します。

 

エサが取られているようなら、次はもう少し手前で仕掛けを回収するようにします。

 

あまりにもひどいようなら、ボートをもう少し根から離すか、ポイントを変えるとよいです。

 

エサがまったくなくなっていないようなら、もう少し流すとよいです。

 

 

ボート真鯛のエサ

ボート真鯛におけるエサについてご紹介しています。

 

エサは、刺し餌・撒き餌共にオキアミを使います。

 

刺し餌は、抱き合わせが基本です。

 

食いが渋い時は1匹掛けでも問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「落とし込み(ライト落とし込み)の船仕掛け

ホーム