真鯛釣りの天秤フカセ釣り仕掛け

真鯛釣りの天秤フカセ釣りとは

真鯛釣りの天秤フカセ仕掛けについてご説明しています。

 

船の真鯛のエサ釣りの中では、かなり人気の釣り方です。

 

いかに真鯛のいる棚を探り当てられるかという釣りです。

 

探り当てられるかどうかで、釣果が大きく変わってきます。

 

 

 

仕掛けは次のとおりです。

 

真鯛釣り 天秤フカセ釣り

 

 

仕掛けの大きな特徴は、天秤と言われる弓型の釣具を使うことです。

 

これは、仕掛けを絡めずに沈め、天秤に結び付けた仕掛けをゆらゆらと潮の流れに乗せて、魚にアピールする役目を果たしています。

 

仕掛けの長さは、6〜20mぐらいまでといろいろあります。

 

潮が流れているのなら、長い方が食いがよいように思います。

 

ただ、長いと仕掛けが絡みやすいので、注意が必要です。

 

 

真鯛釣りの天秤フカセ仕掛け

真鯛釣りの天秤フカセ仕掛けについてご紹介しています。

 

使用する竿は、胴突き同様に胴調子の竿がよいです。

 

柔らかいので食い込みがよく、バレにくいです。

 

波の揺れを吸収し、仕掛けを安定させてくれます。

 

オモリ負荷は、50〜100号ぐらいが乗るものがよいです。

 

長さは、2〜3mぐらいが扱いやすいです。

 

胴突きで使う竿でも構いません。

 

 

 

 

リールも、胴突きで使うものでもよいです。

 

便利な電動リールを使います。

 

サイズは、ダイワなら300〜500サイズがピッタリです。

 

 

 

 

ラインは、PE3〜4号を巻きます。

 

大型が食った時に伸びて、衝撃を和らげてくれるフロロカーボンを使う人もいるようです。

 

その場合は、5〜6号を巻きます。

 

正直、どちらでも構いません。

 

乗合船の場合は、指定されることもあります。

 

 

天秤は、材質や大きさなどによって、いろいろな種類があります。

 

真鯛の天秤釣りなら、パイプタイプの天秤をおすすめします。

 

この天秤の中には、クッションゴムが入っています。

 

中のクッションゴムの強度により、対象魚が決まります。

 

真鯛が対象魚になっている、大きめのものが使いやすいです。

 

 

仕掛けのハリスは、5〜6号が基本です。

 

ハリスの長さは、上でご紹介したように6〜20mぐらいと、かなり範囲が広いです。

 

おすすめは、8〜15mです。

 

初心者は、8〜10mぐらいにしておいた方がよいです。

 

長いと絡まってしまいます。

 

慣れてくれば、12〜15mぐらいに挑戦してみるとよいです。

 

もちろん、潮が流れていない日は長くしても意味がありません。

 

それどころか、天秤フカセ釣り自体ができないこともあります。

 

そのような日は、胴突き釣りになる可能性が高いです。

 

 

食いが渋い時におすすめ!

 

食いが渋い時におすすめすることが2つあります。

 

1つは、ハリスを細くすることです。

 

太いと、どうしても食いづらいです。

 

3〜4号を使うとよいです。

 

もう1つが仕掛けの針の数を減らすことです。

 

エサ盗りが多い時や真鯛の活性が高い時は2本針を使います。

 

しかし、食いが渋い時は1本針にして手返しを速くした方がよいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「真鯛釣りの天秤フカセの釣り方

ホーム