ジギングの真鯛仕掛け

タイジグの仕掛け(タックル)【タイジギング】

メタルジグ(以下、ジグ)でマダイを狙う人が増えてきています。

 

ジグを使ったマダイ釣りのことをタイジグ(タイジギング)と言います。

 

比較的軽いジグを使う場合は、スーパーライトジギングとも呼ばれます。

 

 

タイジグ(タイジギング)の仕掛け(タックル)についてご紹介します。

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

タイジグの仕掛け(タックル)【タイジギング】

 

 

ロッド

 

スーパーライトジギング専用ロッドがおすすめです。

 

タイラバ用でOKです。

 

長さは、2m前後が扱いやすいです。

 

適合ルアーウェイトに注意が必要です。

 

MAXウェイトは80gを目安とするとよいです。

 

使用するジグの重さで判断します。

 

 

 

 

 

リール

 

リールは、キャストするのでスピニングリールがおすすめです。

 

ダイワなら2500番前後、シマノなら3000番前後がぴったりです。

 

ベイトリールでもOKです。

 

 

 

 

 

ライン

 

ラインは、PEの1号前後を使います。

 

ラインブレイクの可能性もあるので、200m巻いておくとよいです。

 

 

リーダー

 

リーダーはフロロカーボンの4号を使います。

 

長さは3mほどセットしておきます。

 

 

ジグ

 

スーパーライトジギング用やマダイ用のジグを使います。

 

重さは30〜80号です。

 

釣りに行く場所や潮の速さなどによって変わってきます。

 

できるだけ軽いジグを使うのが鉄則です。

 

もちろん、底取りができなければなりません。

 

また、マダイの口はそれほど大きくはありません。

 

重いジグを使おうとすると、どうしてもジグが大きくなってしまいます。

 

そのような場合は、鉛製よりもシルエットの小さいタングステン製を使うとよいです。

 

フォールスピード速くなるというメリットもあります。

 

 

カラーは次の2つが定番です。

 

赤/金・・・潮が濁っている時、日中の明るい時間帯

 

緑/金・・・潮が澄んでいる時、朝夕マズメの時間帯

 

基本的には、ゴールド系・シルバー系・グロー系の3種類を中心に使っていくとよいです。

 

 

 

ジグを重さやカラーで選ぶことは重要です。

 

ただ、ジグの動きにも注意したいです。

 

タイジギングでは、ただ巻きが基本の誘い方です。

 

そのため、ただ巻きだけで動いてくれるジグを選ばなければなりません。

 

ジャークで誘うこともあります。

 

その際、ジグが横に大きく跳ねるジグは不向きです。

 

真鯛は、横方向に逃げる小魚などに対する捕食が上手くないためです。

 

ジグは、軽く横へ動くものを選びます。

 

この2種類のタイプのジグを用意しておくとよいです。

 

 

 

 

 

フックについてです。

 

フロントフックはダブル、リアフックはシングルでよいです。

 

ジャークで誘う場合は、フロント・リアともにダブルがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「タイジグの釣り方【タイジギング】

ホーム