コマセ真鯛竿のおすすめ

コマセ真鯛釣りの竿の選び方

コマセ真鯛釣りには、どのような竿を使うとよいのでしょうか?

 

ここでは、コマセ真鯛釣りの竿の選び方についてご紹介します。

 

 

コマセ真鯛で使う竿は、長くて柔らかいものを使うのが定番です。

 

竿の調子は、5:5調子がおすすめです。

 

ムーチングロッドを使うと間違いありません。

 

柔らかい竿を使うのは、マダイのバラしが少なくなるためです。

 

オモリ負荷で言うと、30〜100号がベストです。

 

 

柔らかい竿という点で、以前は長めのもの(4m前後など)がよく使われていました。

 

よい竿が販売されるようになって、最近では2.5〜3mほどの長さのものがよく使われるようになりました。

 

 

短くて柔らかい竿を使うと、コマセを出すのに苦労することが多いです。

 

特に、ラインが船底に入ってしまうような場合は最悪です。

 

こういう時は、少し長めの竿を使うとうまくコマセを出すことができます。

 

状況によって、長さを使い分けるとよいです。

 

コマセ真鯛釣り竿のおすすめ

コマセ真鯛釣り竿のおすすめについてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「コマセ真鯛釣り方・誘い方

ホーム