コマセ真鯛釣り方・誘い方

コマセ真鯛釣り方・誘い方

タナがばっちり合うと、マダイが連続ヒットすることが多いです。

 

そのため、いかにマダイがいるために合わせられるかが鍵となります。

 

ここでは、コマセ真鯛釣りの仕掛けについてご紹介します。

 

 

コマセ真鯛釣り方・誘い方は、次のとおりです。

 

まず、船長から指示されたタナ+ハリスの長さの半分ほどの深さまで沈めます。

 

沈めば、コマセを撒きます。

 

 

撒き方は次のとおりです。

 

1回コマセを撒いて、少し巻き上げます。

 

これを数セット行って、船長の指示ダナまで巻き上げてきます。

 

このようにすることで、撒いたコマセと刺し餌が同調します。

 

うまく同調させることができれば、マダイが食ってくれる可能性が高くなります。

 

数分、置き竿にして当たりを待ちます。

 

 

食ってこなければ誘いを入れます。

 

竿をゆっくりと一杯まで持ち上げます。

 

そこで、止めて少し様子をみます。

 

当たりがなければ、コマセカゴが揺れないようにゆっくり下げていきます。

 

指示ダナで止めてもよいし、穂先が水面付近に行くぐらい下げてもよいです。

 

ただし、指示ダナよりも下げるのは30秒ほどにしておきます。

 

コマセ真鯛釣りは、基本的にはコマセを撒いた後は指示ダナより下げてはいけません。

 

しばらく指示ダナで待っても釣れなければ、仕掛けを回収します。

 

 

コマセカゴにコマセを入れて、再度仕掛けを沈めます。

 

先ほどと同じ要領で行います。

 

 

 

エサは残っているのにマダイが食ってこない時は、まだマダイが寄ってきていません。

 

マダイが寄ってくるまでコマセを撒く必要があります。

 

マダイが寄ってきていても、食ってくれないこともあります。

 

そのような場合は、コマセの振り幅の調整を行ったり、コマセを出す回数を変えてみるなど工夫をします。

 

刺し餌がすぐに取れるようなら、指示ダナよりも上で釣るようにします。

 

ただし、指示ダナよりも下では釣らないようにします。

 

 

マダイの当たりは意外と大きいので、食ってくればすぐにわかります。

 

重いオモリを使ったり、波が高いとわかりにくいこともあります。

 

ただ、柔らかめの竿を使っていれば大体は問題なくわかります。

 

当たりがあれば、しっかりと合わせて巻き上げます。

 

事前にドラグの調整をしておきましょう。

 

そうすれば、それほどバレやすい魚ではありません。

 

 

1匹釣れれば、そのタナを確認しておきます。

 

次は、そのタナよりも少し深いところまで沈めます。

 

数回コマセを撒いて釣れたタナへ持っていくようにします。

 

マダイは、同じタナに群れていることが多いので、連続ヒットが期待できます。

 

スポンサーリンク

 

 

コマセ真鯛釣りのエサ

コマセ真鯛釣りのエサについてご紹介します。

 

マダイ釣りと言えば、オキアミです。

 

コマセ真鯛においても、刺し餌もコマセもオキアミを使います。

 

刺し餌は、コマセ用のオキアミの中から大きそうなものを選びます。

 

こだわるのなら、別に刺し餌用を購入してもよいです。

 

大きいサイズで、コマセよりも目立つようにしてもよいです。

 

ボイルのオキアミもあります。

 

ただ、生の方が無難です。

 

 

エサの付け方についてです。

 

抱き合わせ(2匹)で付けるのが基本です。

 

食いが渋い時などは1匹掛けにするとよいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「真鯛釣りの天秤フカセ仕掛け

ホーム