ジギングでの真鯛の釣り方

タイジグの釣り方【タイジギング】

タイジグの釣り方・アクションについてご紹介します。

 

まず、ジグをキャストします。

 

ドテラ流しの場合は真下に落とすとよいです。

 

ジグが着底するまで待ちます。

 

着底後誘い始めます。

 

基本的には、ただ巻きでOKです。

 

ジグを斜め上に引いてきます。

 

最近のジグは巻くだけでアクションするように作られています。

 

そのため、ただ巻きで十分です。

 

その代わり、どのようなアクションをするのか事前にチェックしておきます。

 

当たりがなければ、異なるアクションをするジグに交換するとよいです。

 

 

ただ巻きでジグが中層まで浮いてくれば、フリーフォールで沈めます。

 

テンションフォールよりも、フリーフォールの方が喰いがよいです。

 

沈めば、再びただ巻きを開始します。

 

これ繰り返し、真下近くまで来れば回収します。

 

再度キャストして繰り返します。

 

 

何回か巻いて止めるを繰り返すのも効果的です。

 

意外と止めた時によく食ってきます。

 

このパターンで、スピードに変化を付けるのも効果的です。

 

 

他には、ジャークで誘う釣り方もあります。

 

水深40m以上のポイントで行うことが多いです。

 

ワンピッチジャークが基本です。

 

ハンドル1/2〜1/4回転の小刻みなジャークでもOKです。

 

ジグが横へ大きく跳ねるような動きではマダイは喰ってくれません。

 

マダイは捕食が上手くないためです。

 

そのため、横へ大きく跳ねないジグを使う必要があります。

 

 

当たりがあれば、即合わせします。

 

タイラバと違って積極的に合わせていきます。

 

 

釣れなければ、ジグのアクション、カラー、重さを調整します。

 

巻く速さ、ジグを引いて来るタナを変えると効果的です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「スロージギングの真鯛仕掛け(ロッド・リールなど)

ホーム