ボート真鯛の仕掛けと釣り方〜NS釣法

NS釣法とは

昔は、ボート釣りと言えばシロギスやアジといった小物を狙うのが主流でした。

 

しかし、今ではボートからでも大型マダイが狙えるようになりました。

 

ボートからの釣りも大変魅力的な釣りへと変わりました。

 

 

そこで、ボートから真鯛を釣る方法として、NS釣法が登場しました。

 

NS釣法とは何なのでしょうか?

 

 

NS釣法と言われれば、何のことかと思う人が多いと思います。

 

しかし、完全フカセ釣りと言われれば、釣りに興味のある人ならある程度のイメージはできるのではないでしょうか?

 

“NS”とは、ナチュラル・シンキングあるいはノー・シンカーの頭文字を取ったものだと言われています。

 

つまり、自然に沈めていく釣り、オモリを使わない釣りとなれば、完全フカセ釣りの特徴を表しています。

 

 

念のために、完全フカセ釣りについて簡単に説明させていただきます。

 

普通、船から釣る場合、仕掛けにオモリを付けて真下に沈めて釣ります。

 

しかし、完全フカセ釣りでは、オモリを付けず、潮に乗せてラインを流していきます。

 

ただし、潮が速いなど特別な場合には、ガン玉など小さなオモリを付けることがあります。

 

潮に乗せて流していくので、水深や潮の流れによっては、仕掛けが底に達するのにかなり時間がかかることがあります。

 

また、潮が流れていないと行うことは難しくなります。

 

針の付いたエサを自然に流すので、真鯛に違和感なく食わせることができます。

 

タナと流す距離がぴったりとあれば、連続ヒットも夢ではありません。

 

 

ボートからのNS釣法仕掛け

ボートからのNS釣法仕掛けについてご紹介します。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

ヴォクシー

 

 

竿

 

竿は、オモリ負荷20〜30号の船竿ジギングロッドなどがおすすめです。

 

マダイを狙うわけですから、大型マダイの引きに耐えられる竿なら比較的何でも使えます。

 

マダイ専用竿でなくても問題ありません。

 

振出しのパックロッドでもOKです。

 

ラインを流していく釣りのため、ガイドは大きめの方がスムーズに出ていきます。

 

長さは、2m前後でよいです。

 

 

 

 

リール

 

小型のカウンター付きのベイトリールを使います。

 

ダイワなら200〜300番、シマノなら600〜1000番がおすすめです。

 

クラッチをフリーの状態にして流していく釣りなので、スプールの回転性能がよいものを使うようにします。

 

これがもっとも重要な点です。

 

スプールが重いようではスムーズにラインが出ていきません。

 

できれば予備リールを用意しておいた方が無難です。

 

 

 

 

ライン

 

ラインはフロロカーボンの4〜5号を120〜150m巻いておきます。

 

PEはこの釣りに不向きです。

 

 

 

ハリス・針

 

ハリスの長さは、4.5mぐらいでよいです。

 

針は、チヌ針の6号を3本針にしておきます。

 

市販のフカセ釣り用の仕掛けを購入してもよいです。

 

 

ラインと直結します。

 

電車結びでもよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ボート真鯛の釣り方〜NS釣法

ホーム